古くは,古墳時代に築かれた県内最大の王墓や幕末の古戦場の石碑などの数多くの歴史遺産が残り,

石油王 中野貫一,作家 坂口安吾,文学博士 吉田東吾など多くの偉人を輩出した秋葉区。

粋な若集が灯籠を担ぎぶつけ合う「小須戸喧嘩灯籠祭」など伝統ある地域の祭りも継承されています。

国定史跡 古津八幡山遺跡
小須戸喧嘩灯籠祭